桜井建工は今年、創業50周年を迎えました。
これもひとえに変わらずご愛顧、ご支援を賜っておりますお客様・ご関係の皆様のおかげであり、深く感謝と御礼を申し上げます。

弊社は1970年、日本が高度経済成長期の時代に「桜井商事」として船出致しました。その後工場の建設や移設、1975年には現在の「桜井建工」に組織変更。1990年には第二工場も建設し、外装パネル等の焼付塗装を開始し、建築金物に力を入れてきました。
そして2017年、新工場建設。その翌年2018年に新社屋建設。作業向上を狙い、社員が気持ちよく仕事が出来る環境作りをしました。そして2019年、新しいサービスをご提供出来るように、新設備CNCタレットパンチプレス・ハイブリッドドライブベンダー・板金用CAD CAMシステム導入。
こうした歴史を刻んできました。

金属を溶接するという意味のweldという英語は、かたい人間の集団などを結合させる(一体化させる)という意味もあります。
設計・工場・施工・営業の各部門の社員が50年間培った経験、技術、知識を集結して
『One team』でこれからもお客様のニーズにお応えした、より良い製品をつくり続けていく所存です。今後とも皆さまの一層のご支援とご鞭撻をお願いして、ごあいさつとさせて頂きます。
次の50年へ
1970
代表取締役 社長
1974
株式会社桜井建工に組織変更
1975
現住所に工場を
新築、移転
1988
第二工場を建設
外装パネル等
焼付塗装開始
1990
新工場建設
Copyright(C)2016 株式会社桜井建工 All Right Reserved
桜井商事として創業
長岡市大荒戸にて自社工場を建設
創業当時はドア・サッシ・
シャッターの販売を中心に
していました
ドア・サッシ・シャッターの
自社製作に力を入れるため
工場を建設しました
自社工場建設に伴い、組織変更。
現在の「株式会社桜井建工」に
なりました
事業拡大。
外装パネル・門扉など、建築金物を製作するベンダー、タレパンの設備を導入しました
2017
焼付け釜の設備を導入し
焼付塗装を開始しました
桜井建工のあゆみ
工場を立て直ししました
作業スペースを拡大
天井を高くして天井クレーンを
導入し、より作業をしやすい
環境になりました
2018
新社屋建設
事務スペース拡大
OAフロア導入
IT機器導入により、セキュリティ・
防犯対策の向上。
2019
CNCタレットパンチプレス
ハイブリッドドライブベンダー
板金用CAD CAMシステムの導入
新設備導入
2020
創業50周年
社員インタビュー
50周年記念ロゴに込めた思い
井上
工事部
斎藤
設計部
難しい製品を取り付けた時や、実際に自分が関わった建物を見たときです。
明るく、丁寧に仕事を教えていただいたので、とても仕事がしやすい。
-仕事内容
-職場の雰囲気
-やり甲斐や働き甲斐を感じる時
病院や学校など様々な建築現場で主に手摺や門扉などの金物の取り付けです。
-入社の動機
自分の技量を高められる仕事をしたかったからです。
-今後入社する人へのアドバイス
難しいことでも、少しずつやれば出来る会社です。
より早く正確に製品をつくることです。
-目標とすること
-仕事内容
CADを使用して、自社で製作する製品の図面を書いています。
-入社の動機
勉強をしたCADが生かせる仕事だったからです。
-職場の雰囲気
明るく、仲がよく、仕事しやすい雰囲気です。
-やり甲斐や働き甲斐を感じる時
自分の書いた図面の製品が、実際に製品になっていく時です。
-目標とすること
正確で見やすい図面を書くことです。
-今後入社する人へのアドバイス
分からない事は先輩方が優しく教えてくれて、少しずつでも成長できます。
数字の「5」と「0」の組み合わせを、「∞」(無限の記号)に準え、「この先も限りなく続く社業発展」の願いと意気込みを表現しています。
「0」の中心部分は、桜井建工の主要技術のひとつである「溶接」をイメージし、ベースカラーは「元気」「活力」が感じ取れるオレンジにしました。
創業50周年
2014年入社
2015年入社